構造材の種類

和ヶ家では構造材に無垢材を使用しています

無垢の木を使った家の良さは、暖かな肌触りと心に安らぎをもたらす気持ちよさにあります。
感覚的な要素以外のメリットも見逃せません。
無垢材は、接着剤などシックハウスの原因となる発揮性有機化合物を含んでいないので、健康に対しても安心です。
国産品を用いれば国内の森林資源のためにも役立ちます。

和ヶ家では、国産、それも静岡県の木材を使う家づくりを心がけています。
木を切ることで、木を使うことの大切さが分かってきます。

木材の性質

軽くて強くて、ぬくもりがある自然素材なので均一性には乏しい

木材は軽く、木の伸びていく長軸方向(繊維方向)の強度が高いので、地震に強い構造にすることが可能です。衝撃を吸収し、熱を伝えにくいため、肌ざわりが柔らかいのも良いところ。高い断熱性や調湿性を備えているので、室内環境を適切に保つのに役立ちます。切る・掘るなどの加工をしやすい点も、家づくりに向いています。最近は、二酸化炭素を吸着する機能も注目されています。

一方、湿度や水に長時間さらされると腐りやすい弱点をもっています。そのため家で用いる際には、換気や通気をしっかり確保して湿度を低く保つ配慮が欠かせません。言い換えると、適正な環境さえ保てば、奈良の法隆寺や正倉院のように1000年以上存続する建物も可能です。

もう1つの弱点は、材質が均一ではなく、湿度によって木が収縮・膨張するなど変形が生じることです。こうしたひずみや曲がりを抑えるため、山から切り出した木材は、現場に運び込む前に一定期間乾燥させます。乾燥させることで強度を高める狙いもあります。天然乾燥と、機械を用いて乾かす人工乾燥があります。

和ヶ家では、国産、それも静岡県の木材を使う家づくりを心がけています。
木を切ることで、木を使うことの大切さが分かってきます。

構造材の種類

自然の良さをもつ無垢材、工業製品に近い集成材

家づくりに用いる構造材は、無垢材と集成材に分かれます。木をそのまま切り出して乾燥させた無垢材に対し、集成材は割って小片にした木材を並べて接着剤で圧着してつくります。無垢材は自然素材の特陛から、方向による強さの違いや材ごとのばらつきが生じます。集成材は木を組み合わせ、こうした無垢材の弱点を減らすようにしています。ただし、無垢材のような自然そのものの風合いは減じます。

また構造材は、国産材と外材に区別できます。無垢材では国産材と外材がそれぞれよく使われていますが、集成材は外材を用いたものがほとんどです。国産材は概して耐久性に優れ、搬送工程が短いので環境負荷も少なくて済みます。外材は全般に価格が安いのが特徴です。

国産無垢材と外材集成材・無垢材の比較

Facebookでシェアする
前のページ トップに戻る 次のページ

初めてのお家作りに役立つマニュアルを無料でお届けします

はじめてお家を建てようとご検討されている方に
もれなく無料で当社の冊子をプレゼントしております。

専用フォームからお申込み後、小冊子をお送りいたします。

マニュアルを申し込む