保証・構造・耐震・基礎

保証

住宅瑕疵担保履行法について

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年IO月に全面施行され、新築住宅を供給する建設業の許可を受けた建設業者または宅地建物取引業者には資力確保措置として、保証金の供託または保険への加入が義務付けられます。特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月に全面施行され、新築住宅を供給する建設業の許可を受けた建設業者または宅地建物取引業者には資力確保措置として、保証金の供託または保険への加入が義務付けられます。

対象となる瑕疵担保責任の範囲


木造(在来軸組工法の戸建住宅の例)
住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

発注者・買主による直接請求


発注者・買主による直接請求
売主等が倒産していて補修が行えない場合は、発注者や買主は、保険法人に直接保険金を請求することができます。

構造

24時間換気システム一例


シックハウス対策の一環としてH15年に改正された法律により取付が定められました。室内の空気を常に循環させる事でよりクリーンな生活環境を保持します。

※下記イラストは国土交通省作成のものを参照にしています。

Joto基礎パッキン


腐れや、白アリを寄せ付けない!わずかな基礎の不陸があっても、調整板があるから心配無用!高耐久性で二代、三代と長持ちする!スペリに対する安全性は、日本唯一の実大実験で証明済み!断熱材の性能を高め、暑い所では爽やか、寒い所では暖かくなる!公庫の割増融資が受けられる!

耐震

こんな小さな金物がそんなに重要なの?と思われるかもしれませんが各部位の小さな力が集まって大きなひとつの力となり大切な住まいをしっかり支えてくれるのです。

ホールダウン金物は基礎と土台、そして土台と柱をしっかりと結び付け、柱が地震により抜けてしまうのを防ぎます。

基礎

基礎を頑丈にする為の鉄筋入れ。

この鉄筋により更に基礎が丈夫になり地震による基礎の割れを防ぐ役割をします。
建物を支える基礎。しっかり頑丈に!をモットーに基礎15cm厚のベタ基礎を標準仕様としました。

Facebookでシェアする
前のページ トップに戻る 次のページ

初めてのお家作りに役立つマニュアルを無料でお届けします

はじめてお家を建てようとご検討されている方に
もれなく無料で当社の冊子をプレゼントしております。

専用フォームからお申込み後、小冊子をお送りいたします。

マニュアルを申し込む