施工事例/落ち着きのある集いの家

昔から続く住所に枝番のない土地、先祖代々が住み続けたこの場所に、
「和モダン」をコンセプトに落ち着きをイメージして寄棟・下屋根のある家を造りました。
施工エリア 静岡県掛川市 Y様邸
敷地面積 830.19㎡(251.13坪)
延べ床面積 108.48㎡(32.81坪)

立地によく合う形状はどっしり屋根を大きく、和風と洋風を混ざったの建物、屋根は寄棟にガルバの横葺きを採用し軽量化、
しかし計算は重い屋根計算。外壁は腰までの色分けをし、
窓にはシャッター・面格子を全部の開口に取付けて防犯対策もしっかり安心です。

LDKは桧の無垢板を張り、天井・壁には杉の無垢板をバランスよく配置し
明り取りにガラスブロックを採用。天井の高さを変えて統一感のある部屋にしました。

リビングに240角の桧の大黒柱を立て、横の5段の棚板は築100年を超していた旧自宅の大黒柱を加工して再利用しました。
そこから見える和室には土佐杉の床柱・ムロの木の落とし掛けで趣のある部屋です。

和室は真壁工法、天井は桧の格天井に杉の板目を使い、壁には桧の柱・桧の腰板を張り、腰板の上側は和紙を張りました。
窓の内格子・引違いは杉の格子をシンプルに製作した建具です。

60代のおしどり夫婦が他県に住む息子の帰省を楽しみにしながら、
本家として親戚の集まる集いの我が家を建てました。

初めてのお家作りに役立つマニュアルを無料でお届けします

はじめてお家を建てようとご検討されている方に
もれなく無料で当社の冊子をプレゼントしております。

専用フォームからお申込み後、小冊子をお送りいたします。

マニュアルを申し込む